【氏 名】 下村 正秋
【所 属】 中部地区(愛ペット・セレモニーホール大垣)
【勤 務】 オペレーター・セレモニースタッフ
【資 格】 オペレーター(マスター)
       セレモニースタッフ

資格、とは社内資格であるペット葬祭プランナーのことを指します。詳しくはこちらをご覧ください。


【その他】 愛ペットセレモニーホール大垣にてブリティッシュショートヘアーの
       愛ちゃんと一緒です。
       実家には猫が3匹。小動物から犬までこよなく大のペット好きです。


【愛ペットセレモニーホール大垣へのお問い合わせ】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
E−mail : aipet@sky.plala.or.jp
TEL    : 0120−594−184 (365日・24時間)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

愛ペットグループの一員として2008年5月に入社し、今年で6年目になる下村 正秋と申します。

私は、昔から接客を受ける事に対して凄く懐疑的な部分がありましたので、学生時分から逆にサービス業を主に経験して観光ホテルなどの接客業に就いておりました。
心のこもった対応というのは、自分がしているつもりでも相手に伝わっているのか。自分が満足してもらっていると思い込んでいても評価をするのはサービスを受けた方が評価をする事だと考えていましたので、真心と思いやりが不可欠なペット葬祭業、この職業・この会社の事を知った時には本当に運命を感じて、サービス業の一線で培ってきた自分の経験を活かしたい、世の中の役に立ちたいという意欲から決意して入社しました。
ペットブームに乗じた就職希望者が多いからなのか不況だからなのか良く分かりませんでしたが、沢山の就職活動者から履歴書が届く中、社長面接まで漕ぎ着けたのは2年ぶりと聞き、当時は埼玉在住でしたが現在の社長が出張で来ていた横浜のホテルまで意気込んで面接に行ったのを良く記憶しています。
何故、書類審査の基準がそんなに高いのか?面接まで行かないのか?採用しないのか?入社して本当に良く理解しました。
ペットが大好きな方は沢山いると思います。もちろんペットを亡くした辛い経験をされた方も沢山居られると思います。ですが、凄く悲しい死を迎えた動物や飼い主以外の方は目を背けたくなるような事に直面した時に、生きていた可愛い様と変わらないペットの葬儀ではなく、生きていた子への想い、その子の最後の旅立ちをすると言う事の重要さが解ったのです。愛ペットエンジェルリングのスタッフは全員が本当にペットが大好きです。
もちろん、私も小さい頃から動物が大好きで飼っていた種類も多いですが、私のモットーは自分で言うのも恥ずかしいのですが誠実さで、その重要さを充分に理解するだろうと判断して頂いたのが、今現在この仕事に付かせて頂いている自分なりの分析です。

今思い返せば、私がこの仕事に運命を感じたきっかけとなったのは20年以上前の1匹の猫との初めての突然の別れかもしれません。「ミーちゃんが車に轢かれて死んじゃった」その訃報と、子供の私に配慮してくれた事なのでしょうが近くの林に埋めてきたという事後報告でした。私は聞くなりに埋めた場所まで一目散に向かい亡骸を掘り返しました。ただ亡骸を見て泣くばかりでしたが、もう一度埋めなおして小さな棒でお墓を建てました。
当時は、火葬するとかお葬式をするという概念が全く在りませんでしたが、もし自分のペットを亡くした時に葬儀のスタッフが作業的にそして事務的に扱われたとしたら私は耐えられません。最愛のペットを亡くしたショックの上に酷い扱いを受け一生忘れない様な心に深い傷が付く事になったと思います。

入社研修当時は、亡くされたご家族の方の気持ちを察する以前に、私自身が先に涙してしまって逆に励まされてしまう場面もありましたが、ご家族の方から感謝のお手紙を頂くようになり、世の中のお役に少しずつ立てているのを実感出来る様になっていきました。
関東で採用された私は、関西の本部採用を熱望し関東での皆様の家族の最後の旅立ちを心からお手伝いさせて頂いておりました。
そして念願が叶い関西の本部のスタッフになれましたが、それは喜びと同時に様々な不安が入り混じるものでした。
関西では供養祭が如何に神聖で大切な事か解りましたし、供養祭にお越し頂いた大勢の方々が私の事を覚えて頂いていて、感謝のお言葉がどれだけ私の心の支えになったのかは計り知れません。またご紹介でお伺いする事が凄く多くなった事も励みでした。

会社としても初の試みであるペットに対する総合施設、「愛ペットセレモニーホール大垣」の開園を目前でしたが、充実している施設からそこを利用する皆様の安心する様を想い描き大垣への転属を望む自分がいました。
初めてお会いする方でも気兼ねなく、何でも聞いて頂けるような雰囲気を持っていると自分では思っていますし、天然で大人しい性格だともよく言われます。たった一度しかない大切なセレモニーを私が担当して良かったと感じて頂けるように、日々努力していた結果、切望どおりに大垣への移転が命ぜられて、今現在は住民票も移動して岐阜県大垣市にある愛ペットセレモニーホール大垣のメインスタッフとして頑張っております。
大垣への転属当時は、やはり不安が一杯でしたが今となっては、関東・関西・中部と様々なエリア・土地を体験した事は良い経験だったと実感しています。
まだまだ未熟な私ですが、毎月開催される月例法要会を勤めさせて頂き大勢の方々にお越し頂いております。
初めて火葬や葬儀をご利用される方に知って頂きたいのは、少しでも疑問に感じられる部分があったらとにかく質問して頂く事です。大切なペットちゃんのお見送りに不安を抱えていてはいけません。
私には、皆様の流れる涙を止める事が出来ませんので葬儀を受け付ける時に少しでも話を聞ければと思っています。
皆様が「今までありがとう」と笑顔で見送って頂けるように精一杯誠意を込めて、今後も大切なお別れを優しく丁寧にお見送りのお手伝いをさせて頂きたい思います。
                      
                               愛ペットセレモ二ーホール大垣 セレモニースタッフ 下村 正秋

私たちは、ペットが好きでたまらない人間が集まり、始まった、全国各地を拠点に葬祭業を展開している「ペット総合メモリアル会社」です。