愛ペットグループ 護摩祈願・遺品供養・御守り   

     HOME > 真言宗 極楽寺



 基本情報
【開 創】
用明二年
【宗 派】真言宗
【住 職】
田中 全義
【供 養】水子供養
永代納骨供養
安産・求子祈願
ペット供養
護摩祈願・遺品供養
お焚き上げ供養
極楽寺境内・重要文化財



 住 所
〒639-1061
奈良県生駒郡安堵町東安堵1453番地
 googleマップを見る

 お問合せ
 【TEL】06-6488-4498
  午前10時〜午後8時

 
 坐像は高さ約4メートル。木製で全身に金箔(きんぱく)が施されている。制作年代や作者は不明。顔などに修理跡があるが、きれいな状態で保たれている。住職の祖父が06年ごろ、亡くなった古物商の家族から譲り受けた。祖父から「広島から来た仏さんや」と聞いていたが、詳しいことは分からなかった。昨年春、大阪の古書店で見つけた写真集が手がかりとなり、奈良国立博物館(奈良市)の専門家らが調べ、広島大仏と特定した。
 広島大仏は1950年、広島県内の別の寺から原爆ドーム近くの広島市の西蓮(さいれん)寺に移された。地元で「広島大仏」と呼ばれ、車に載せパレードが行われるほど信仰を集めたが、55年にさらに別の寺に移された後は所在が確認されていなかったが、半世紀も後になり奈良で所在が判明するというのは本当に珍しいこと。
              (毎日新聞記事引用)

 極楽寺の本堂は、鉄筋コンクリートで作られた新しいものですが、とても歴史があり、御本尊は国指定の重要文化財「阿弥陀如来坐像」ですし、その周囲にも貴重な仏様が祀られています。

ページTOPへ
HOMEへ
愛ペットグループお焚き上げ寺院 真言宗 極楽寺|
Copyright(c) 2012 abircome Co.,Ltd All right reserved.